全身脱毛のよい点

最初のとっかかりに行う脱毛部位には、ワキや腕があります。
腕の場合、ひじから上下と分かれます。
気になる部位ごとに脱毛していくより結果的に全身脱毛のコースの方が安くついたということもあります。
各部位にかかる期間をあげます。


顔が6~9回、両腕ひじ上下ともに10回前後、両足ひざ上下とも10回前後、背中12回程度、ビキニライン6~9回、手の指と甲9~12回。
手の指の脱毛が意外とかかります。
後は平均して10回前後。


これをパーツごとに行って継ぎ足しという風にしていくとけっこう期間もコストもかかってしまいます。
最初から全身脱毛で部位を選択できるコースもありますので、広範囲にわたって脱毛をする予定であれば全身脱毛が良さそうです。


脱毛の種類には、針脱毛、医療用レーザー、エステ用光脱毛などがあります。
針の場合、直接患部の細胞に刺し刺激を与えて発毛を弱めます。
とても痛みの生じる脱毛方法なのですが、直接的なので効果が高いのが特徴です。
医療レーザーは、クリニックなどで取り扱うことのできるレーザーで、これも発毛を促進する細胞に強い刺激を与えることができます。
医師免許の必要な装置で、治療としては少し割高 ですが効果が高いです。


エステ光脱毛の場合、エステで取り扱いされています。
仕組みとしては医療用とかわらず、細胞に刺激をあたえて、発毛の活動をやわらげるます。
しかし、医療用と違い、使用できる周波数などが限られてきます。
細胞を直接殺すことは医師以外が行うと違法行為になってしまうため、弱い刺激を数回にわかて与えて、細胞の力を弱めるます。
光脱毛の場合、回数を重ねることが必要に なってきます。
比較的低価格で脱毛できる手段です。
部位ごとの脱毛でも全身脱毛でも脱毛方法は同じです。
回数も部位ごと、個人の体質や発毛サイクルによっても変わってきます。
また効果の高いもの、身体への負担が大きものから順に回数が少なくて済みます。


当サイトでは全身脱毛のいいところをご紹介いたします。

Copyright © 2014 全身脱毛のいいところ All Rights Reserved.